新型 iPhone 12:プロトタイプ画像リーク

発売時期いつ[2020 新機種 iPhone 12]

2020年モデル iPhone 12 は、2019年モデル iPhone 11 シリーズが発売前から噂され、筐体・フレームなどの基本設計から全面刷新するオールチェンジモデルとして期待が高まっている。

すでに多くの情報メディアやアナリストからは、iPhone 12 の大まかな情報が報じられたりレポートとして発表されています。

ノッチレス・オールディスプレイ

このたび紹介する情報はリーク画像。
情報を発信したのは、Apple 関連のリーク情報で知られる Ben Geskin(ベンジャミン・ジェスキン)氏。彼が管理する Twitter アカウントに公開された iPhone 12 のリーク画像には『New 2020 iPhone Prototype (D53)』なるタイトルらしき文字が冒頭に記されており、アップロード画像の iPhone が『プロトタイプ』と判断できます。

iPhone 12:変更箇所

公開された 2020 iPhone プロトタイプの着目する部分は5箇所。

  1. ひとつめは、全面ディスプレイから消えたノッチ(切り欠き)部分。近年発売されている iPhone で特徴的だった台形型の黒い部分がなくなり「iPhone 特有」のデザインが過去のものとなってます。
  2. ふたつめは、筐体側面の形状。iPhone 11 までの筐体側面は曲面を採用していますが、プロトタイプの筐体側面は平面形状を採用。従来モデルの iPhone 4 や、現在でも人気の高い iPhone SE と同様なフラットな側面です。
  3. 三つめは、着信音の ON / OFF を選択するスイッチの形状とスライド方向が変更されています。このスイッチ形状とスライド方向は、従来モデルの iPad が採用していた構造に似ています。
  4. 四つめは、同期や有線充電に利用するコネクタ。この部分は以前から USB-C への変更が噂されていますが、このプロトタイプでは Lightning(ライトニング)を引き続いて採用しています。
  5. 五つめは、メインカメラのハウジングに搭載される 3D ToF センサー。AR 機能などで活躍するモジュールで、立体対象物を高速かつ高い精度スキャンします。こちらのプロトタイプでは小型センサーの設計になっています。


軽量アルミ筐体の採用

プロトタイプ画像リーク[2020 新機種 iPhone 12]
また、新型 iPhone 12 には iPhone シリーズ史上で最大の〈6.7-inch〉ディスプレイが採用されると情報があがってます。サイズの拡大は重量増加にかかわるため、次期 iPhone の筐体・フレーム素材はステンレスからアルミニウムに変更されると予想されている。

このプロトタイプ iPhone 12 も筐体素材をアルミニウム(Aluminum unibody)に変更によってステンレススチール特有の鏡面仕上げではなく、 酸化皮膜処理されたツヤを抑えた仕上げになっています。

ノッチの縮小と廃止

ノッチは 2018 iPhone X に初めて採用されました。
iPhone X 発売当初は見慣れないディスプレイ上部のデザインが Apple ユーザーの間でも物議をかもしました。
しかし、ノッチの存在は顔認証セキュア Face ID という優れた個人情報システムを搭載する証として、所有感を満たしたいユーザーには気に入られ、中華スマホにはノッチデザインだけ真似たモデルが発売されるほどでした。

Apple は Face ID 関連部品を収納するためにノッチを採用しましたが、近年は顔認証システムのカメラやセンサーを薄く・小さくする開発をすすめており、将来的にはノッチが廃止されるとする見方が多い。
いくつかの噂でも、iPhone 12 でノッチが無くなると言われていますが、もう少し情報が挙がればハッキリしてくると感じています。

2020 新型 iPhone 12:最新情報まとめ