【2019新型】iPhone SE2:リーク最新情報

値段 発売時期いつ[新作 iPhone SE 2]


ナローベゼル オールディスプレイ、5インチ Liquid Retina HD パネル、Face ID、A11 Bionic チップ、1200万画素メインカメラ、耐水防塵性能。アジア圏全域の市場を奪還するために Apple が開発しているエントリーユーザー向け次期 iPhone SE。このスモール iPhone のスペック、発売日などの最新情報を更新掲載。


Apple のスマートフォン iPhone シリーズ中、もっともリーズナブルで小型軽量なのが『iPhone SE』です。この iPhone の新しいモデルの情報がいろいろと上がって来ています。
【新型】iPhone SE 2《仕様情報・発売日》
世界的にも良好な販売数をほこる iPhone SE は、日本市場でも人気のモデル。BCN が発表した2017年のスマートフォンのシリーズ別販売台数シェアで、iPhone SE は iPhone 7、iPhone 8 に次いで3位です。その理由は、本体価格の安さ、適度で十分な性能、小型軽量といった長所があります。この iPhone SE の販売数は Apple にとっても重要な位置づけの商品です。
また、新型の iPhone SE 2 は新興国での販売増をねらっており、ライバルブランドよりプレミアム感を出しながらも、リーズナブルな iPhone として多くのユーザーに普及させる戦略的なスマートフォンになっています。

iPhone SE2 デザイン

デザイン・コンセプト

iPhone SE は iPhone シリーズのなかでは小型軽量さが強調されたモデル。情報を表示するディスプレイパネルは4インチとコンパクトですが、Retina(レティナ)高画素密度ディスプレイ[1136 × 640 ピクセル (326 ppi)]によって十分以上の情報表示を可能としていました。

アジア系メディアでは、エントリーモデル iPhone の開発情報も上がっており、次期 iPhone SE 関連の情報収集も継続されている。それらの情報と搭載可能性のある機能を予測したコンセプト画像が発表されています。

iPhone SE 2 コンセプト画像

リーク・コンセプト画像[新型 iPhone SE 2]
公開された2019 iPhone SE 2 のコンセプトは、リークした情報や噂にもとづいて制作された新作 iPhone プロモーション動画です。このコンセプト動画を制作したのは、動画YouTubeチャンネル ConceptsiPhone でコンセプトイメージビデオを公開して話題の、韓国のデザイナー Gunho Lee(ガンホー・リー)氏。

外観デザイン・筐体
筐体サイズ[新型 iPhone SE 2]
最初に回転しながら出てくる iPhone は ダブルレンズカメラを搭載する iPhone Xs 。次の回転して出てくるのがシングルレンズカメラ搭載の iPhone SE 2。小型軽量が重要なコンセプトとなる次期 iPhone SE の小ささをアピール。
ゴールド カラー[新型 iPhone SE 2]ゴールド カラー[新型 iPhone SE 2]
この次期 iPhone SE の造形は、iPhone Xs / XR が採用する丸みをもった筐体側面とは違い、従来の iPhone SE 同様なフラット形状。側面の仕上げはステンレススチールをイメージした鏡面仕上げで、角丸加工されたサイドボタンの仕上げも同じ。筐体四隅のコーナーエンド部分はカーブを描いた丸みをもち、このあたりは現行モデルと同様のスタイル。先端部分の面取り仕上げをしながらも全体的にはシャープな印象で、金属のもつスチール感をアピール。
ガラスコーティング[新型 iPhone SE 2]
また筐体背面にはガラスコーティングがほどこされており、ワイヤレス給電の標準規格である Qi(チー)に対応させているもよう。

ディスプレイ
ディスプレイサイズ[新型 iPhone SE 2]
この iPhone SE 2 コンセプトのディスプレイは、iPhone Xs 同様にベゼル(枠)を極限まで薄くしたオールディスプレイ仕様。ディスプレイパネル上部にはノッチ(切り欠き)領域があり、顔認証セキュア Face ID に利用するTrueDepth(トゥルーデプス)センサーのほか環境光センサー、近接センサーといった各種デバイスが搭載されています。

おそらくディスプレイパネルは、高画質で部品コストのバランスが良い Liquid Retina(リキッド レティナ)HD ディスプレイで、サイズは〈5インチ〉ほどまで拡張できるでしょう

シングルレンズカメラ
メインカメラ シングルレンズ[新型 iPhone SE 2]
メインカメラは筐体背面の左上に装備。カメラは iPhone XR 同様に一基のカメラモジュールを装備するシングルレンズカメラ。LED フラッシュは従来の丸型クアッド方式。
このコンセプト iPhone SE 2 は筐体の厚みに余裕があるため、高性能なレンズユニットと大きめなイメージセンサーの搭載が実現しそう。コスト的な要素がクリアできれば〔SONY 製 1/2インチ 4800万画素 イメージセンサー〕のカメラモジュールを搭載することでシングルレンズカメラでも高画質な望遠撮影ができる。

Face ID
Face ID 2[新型 iPhone SE 2]
2016 iPhone SE の個人情報セキュアは、タッチセンサーによる指紋認証 Touch ID を採用していますが、オールディスプレイを採用する次期モデルには顔認証セキュア Face ID の導入は間違いないでしょう。
次期 iPhone SE の発売次期によっては、第2世代 Face ID 搭載の可能性もあります。Face ID 2 では処理スピードが従来比の2倍になっており、かなり高速でスリープ解除や電子決済ができます。

近年ディスプレイパネル内に指紋読み取り用のタッチセンサーを組み込んだディスプレイモジュールもありますが、今後発売される iPhone に指紋認証 Touch ID のみ搭載される可能性は低く、この技術の導入は見送りになると思います。

カラーバリエーション
従来の iPhone SE のカラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色でしたが、コンセプト画像の iPhone SE 2 では、スペースグレイ、シルバー、ゴールド、レッドの4色。レッドは『(PRODUCT)RED』仕様になっています。

カラーバリエーション[新型 iPhone SE 2]カラーバリエーション[新型 iPhone SE 2]カラーバリエーション[新型 iPhone SE 2]カラーバリエーション[新型 iPhone SE 2]

ConceptsiPhone コンセプト動画
ガンホー・リー氏による iPhone SE 2 コンセプトデザイン動画。


今でも人気の高い iPhone SE は、すでに生産は完了しており、商品を入手するためには市場在庫から残りを探す必要がありました。ところが先日、アメリカのアップルストア(クリアランスストア)で未開封新品 iPhone SE が値引きされた価格で3度も発売され、短い時間で完売している。

iPhone SE 後継機がリリースされるなら小型軽量という絶対条件は残しつつも、コストを抑えるため流用できる技術・機能が導入されることでしょう。価格があまりに上がってしまうと iPhone SE コンセプトではなくなってしまうからです。

現在でも多くのユーザーに愛されている『small iPhone』が、最良のアップデートをうけて登場することが期待されています。