新型 iPhone 12:全モデル 5G 対応 / iPhone SE 2 Plus は2021年登場

発売時期いつ[2020 新作 iPhone 12]

2020年にリリースされる4機種の新型 iPhone 12 の新たな情報が追加。
2020年モデルでは、すべての iPhone が 5G(第5世代移動通信システム)をサポートする予測があがっています。

今後発売される iPhone の製品予測をアップしたのは、TF International Securities アナリストとして Apple 新製品情報を予測している Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏。また、同氏は2021年に登場が見込まれている iPhone SE 2 Plus についてもレポートにまとめている。

日本向け iPhone の5Gモデムとサポート

まず、2020年モデルの iPhone 12 の重要なアップデートひとつが 5G 対応です。2020年秋に発売される全ての iPhone に搭載される 5G モデムチップには、Qualcomm X55 モデムが採用されるとクオ氏は予測している。

5G には2種類の通信モジュール『ミリ波(mmWave)』と『サブ6GHz(sub-6GHz)』があります。

  • ミリ波(28GHz帯)は、携帯電話としては 5G 用に新しく使われる周波数。周波数帯域が高いため大容量データ通信に最適。その反面、通信距離が短く障害物に対する回り込みも苦手。
  • Sub6(3.7GHz帯)は、比較的従来の携帯電話の周波数に近い。日本の DoCoMo では 4.5GHz 帯を割り当てもありますが、2019年9月20日から開始「5Gプレサービス」では使用しない。

5G 通信の方式は、各国によってサポートする帯域が違うため、iPhone のモデムモジュールも地域ごとの最適化が行われます。通信モジュールの搭載はコストにも関係するため、地域によっては両方・片方載せるか選択されます。

日本を含む、アメリカ、カナダ、韓国、イギリスの5カ国では、mmWave と sub-6GHz の両方を搭載する iPhone を発売する見込み。



iPhone 12 ラインナップ / サイズ

ラインナップ サイズ[2020 新型 iPhone 12]
2020年モデルの新型 iPhone 12 ラインナップが4機種であることが現実的になってきたようです。各モデルの予想仕様は以下のとおり。

iPhone 5.4-inch:ベーシックモデル
OLED ディスプレイ、デュアルカメラ、5G 対応
iPhone 6.1-inch:ミッドレンジモデル
OLED ディスプレイ、デュアルカメラ、5G 対応
iPhone 6.1-inch:ハイエンドモデル
OLED ディスプレイ、トリプルカメラ、3D ToF センサー、5G 対応
iPhone 6.7-inch:ハイエンドモデル
OLED ディスプレイ、トリプルカメラ、3D ToF センサー、5G 対応

すべての新型 iPhone 12 では、ディスプレイに OLED(有機 EL)パネルを採用。トリプルカメラと 3D ToF センサーは上位2機種に搭載。2020年モデルでは、ディスプレイの大きさで販売価格が決まる分かりやすいラインナップになります。

2021 iPhone SE Plus

アナリスト Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏の投資家向けレポートには、2021年に発売が予測される iPhone SE Plus(仮)の情報も載せられています。

この新機種の仕様は、ディスプレイサイズが〈5.5〜6.1インチ〉とされており、近年発売の iPhone と同じく全面表示のオールディスプレイと予想。画面上部のノッチは配置されますが、顔認証 Face ID ではなく指紋認証 Touch ID を採用するためノッチは小型化される。
フルスクリーンなのに Touch ID を搭載なのは、おそらく音響指紋読み取り Touch ID を採用すると予想しているのでしょう。

2021 iPhone 13シリーズ

Lightning コネクタ廃止[2021 新型 iPhone 13]
さらに Ming-Chi Kuo 氏は、2021年モデル iPhone 13 シリーズについても予測レポートに掲載。

新型 iPhone 13 ではコネクタが廃止され、同期・充電などがすべてワイヤレスで利用するとしています。おそらく、このあたりで iPhone の耐水防塵機能も飛躍的に向上し、本格的に水中撮影に対応できる iPhone が登場するかもしれません。

2020 iPhone 12