iPhone / iPad 機能 – Touch ID

指紋認証 Touch ID 機能[iPhone / iPad]

Touch ID(タッチ アイディー)は、ユーザーの指紋情報をパスワードにした生体認証機能。

Touch ID の初搭載は、2013年9月10日に発売された iPhone 5s からで、指紋読み取りセキュアじたいは意外と前から採用しています。
Touch ID は採用のきっかけは、iPhone ユーザーの個人情報をデータ化して保管するうえで、信頼性が高くかつ簡単な操作で認証できるソリューションが必要と考え開発されました。



指紋認証セキュア

指指紋認証セキュア

指紋認証Touch ID
Touch ID(タッチ アイディー)は指紋による生体認証機能で、Apple が自社製品の個人情報を守るために導入しているセキュリティシステム。

ユーザーの指紋情報を初期登録することで、デバイスのロックを解除したり、アプリ購入・インターネット通販よる支払いに、カード情報の入力を必要としない決済を可能にしています。なお、ユーザーの指紋情報は、iPad や iPhone などのデバイス機器に内蔵されるチップ領域のみに保存。ネットクラウドには送られないため外部からの悪意あるアクセスが困難でセキュリティも高い。

指紋がパスワード
一度、ユーザーの指紋情報を登録してしまえば利用は非常に簡単。Touch ID センサーへ登録した指をタッチさせるだけで、スリープの解除、インターネット決済を可能にします。
インターネット上で通販商品、アプリや電子書籍の購入に際しても、ユーザー以外は指紋認証なしでは購入できないのでセキュリティも高くなります。

Touch ID 仕様

指紋認証Touch ID
Touch ID の指紋を読み取るセンサーはホームボタンに組み込まれている。指紋読み取りセンサー部分はサファイヤガラスで造られており、加工はレーザーカット。硬質なサファイヤグラスを採用した理由は、センサー面に傷が入ると Touch ID が機能しなくなるため。

Touch ID の指紋読み取りセンサーは、静電容量タッチを使用してユーザーの指紋情報を検出。センサー解像度は1インチあたり 500 px あり、ユーザーの指をあらゆる角度から読み取り可能としている。

指紋読み取りセンサーは、微弱な電流を使ってユーザーが登録した指から「指紋マップ」を作成。登録できる指紋情報は最大5つで、ユーザー本人のほか共有するユーザー(5人分)を登録してもよい。

Touch ID 搭載モデル

ユーザーの指紋情報で個人情報を守る Touch ID は、iPhone であれば iPhone X 以前のモデルに採用。iPad のばあいは最新モデルの iPad mini 5、iPad Air 3 にも採用されておりグレードによって Touch ID と Face ID のどちらを搭載するか分けています。

Touch ID 採用の iPhone

  • iPhone 5s
  • iPhone 6 / 6 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone SE / SE2
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 8 / 8 Plus

Touch ID 採用の iPad

  • iPad mini 3
  • iPad mini 4
  • iPad mini 5
  • iPad Air 2
  • iPad Air 3
  • iPad 5
  • iPad 6
  • iPad 7
  • iPad 8
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 12.9(第1 / 第2世代)

Touch ID 採用の Mac

  • MacBook Air(2018年モデル)
  • MacBook Pro(2016年モデル)


次世代 Touch ID

画面内蔵式の指紋認証

超音波型指紋センサー
iPhone X系は2017年、iPad Pro は2018年から搭載された顔認識セキュア『Face ID』は、非常に高度な技術を駆使した個人情報保護システムです。
現在 Face ID が搭載されていない従来モデルの iPhone と iPad には、指紋認証セキュア『Touch ID』が採用されています。最近の Apple 新型モデル に顔認証セキュアが採用されている状況を見ると、指紋によるセキュリティシステムが過去のテクノロジに思えてしまいますが、この Touch ID 技術を新開発デバイスに搭載する次世代の指紋認証セキュアを開発している情報が上がっています。

次世代 Touch ID によるセキュアは、指紋センサーモジュールをディスプレイに内臓する設計。採用されるテクノロジは『超音波型指紋センサー』で、従来型の指紋センサーより認証スピードが速く、精度も高い特徴があります。

Apple は、特殊構造の指紋センサーモジュール の生産を請け負うサプライヤーを選定しています。現在のところ、この次世代 Touch ID 関連デバイスの製造サプライヤー候補には、中国『O-film』や、台湾『GIS』『TPK Holding』が上がっているようです。

Apple は、この技術特許を得るため〈2018年9月〉ディスプレイ内蔵型指紋センサーの特許を出願しています。

Touch ID と Face ID の複合認証

次世代 Touch ID が搭載されると Face ID はどうなるのか?という疑問が出てきますが、おそらく次世代 iPhone には指紋認証と顔認証のふたつのセキュアシステムを搭載し、個人情報保護のセキュアレベルを上げるプランでしょう。また使用環境やユーザーの判断によって指紋認証と顔認証のどちらかを選択設定することも可能なはずです。

Apple がここまで個人情報セキュアに熱心な理由として考えられるのが、将来 iPhone をパスポートと置き換える構想があるからでしょう。
パスポートは悪用されると国家保安上の問題もあるため厳重な取り扱いと管理が求められています。将来スマートフォンがパスポート機能を担うのなら、複合セキュアシステムを搭載した完璧なセキュリティ技術が必要になります。

ただ iPad シリーズに、ここまでハイスペックな認証セキュアを搭載するのかは疑問が残ります。気になるのは2つの認証セキュアを搭載することによる販売価格の上昇です。搭載コストの問題が大きくないのであれば、将来発売される iPad に Touch ID と Face ID の複合認証セキュア搭載は実現するでしょう。