2019 iPhone 機能 – 電子マネー(Apple Pay)

Apple Pay 電子マネー[iPhone 機能]

iPhone で利用できる電子マネー決済は、Apple が自社展開されている Apple Pay(アップル ペイ)と、Wallet(ワレット)アプリに登録したクレジットカードやプリペイドカード、Suica などで電子マネー決済が可能。さらに、搭乗券、映画のチケット、ポイントカードなどを一か所にまとめて管理できます。

電子マネー決済



Apple Pay

Apple Pay[2018 新型 iPhone Xs]
Apple Pay(アップル ペイ)は、Apple が独自開発した電子マネー決済。
iPhone シリーズの電子マネーによる決済は、iPhone 7 から機能搭載されたことからユーザーへの普及が加速。
日本市場のケータイ電話の電子マネー規格は FeliCa(フェリカ = おサイフケータイ)とよばれる日本独自の電子マネーで、すでに多くのユーザーが FeliCa テクノロジの恩恵にあずかっています。

たとえば、都市部で多く利用されているのが ICカード乗車券『Suica(スイカ)』だったり、身近なところならセブンイレブンの『nanaco(ナナコ)』や、イオンリテールの『WAON(ワオン)』、ほかにはインターネットサービス楽天の『楽天 Edy』などで普及しています。
これらの電子マネーは、すべて FeliCa 方式を採用しており、FaliCa 端末に専用カードや対応デバイスを『かざす』だけで決済を可能にしています。

この FeliCa 機能を Apple Pay に採用。iPhone 7 以降のモデルに組み込まれています。Apple Pay に対応しているクレジットカードなどを Suica 同様『WALLET』アプリを使ってカードを登録すれば iPhone が財布がわりになります。

Apple Pay の Apple 公式情報

Apple は公式ウェブサイトで Apple Pay に対応できるカード(クレジット・銀行)とサービスを公開しています。一度チェックしてみましょう。

Apple Pay に登録できるカード
Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元
Apple Pay で決済できるサービス
Apple Payが使えるお店やサービス

戻る

Suica

iPhone や Apple Watch の Apple Pay は Suica(スイカ)の登録が可能なので、電車などの交通機関はもちろん、お店で買い物もできます。
たとえば、Suica カードを持っていなくても電子カードとして Suica を iPhone に追加できるだけでなく、定期券、グリーン券、新幹線のきっぷの購入や、さらにオートチャージも設定可能(View カードが必要)。

Suica の特長

  • Suica 改札機に iPhone / Apple Watch をかざすだけで支払い完了。
  • 入会金、年会費、デポジットはすべて無料。
  • 手元にプラスチックの Suica カードがなくても始められる。
  • 選べる2つのチャージ方法
  • 会員登録でコールセンターサポートが受けられる。

Apple Pay Suica は、プラスチックカードの Suica を使えるところや、相互利用可能な交通系 IC カードに対応していれば利用できます。Suica が iPhone / Apple Watch に登録済みなら、改札機の読み取り部 (の数センチ以内) にかざすだけで改札を出入りできます。Apple Pay Suica で改札機を通過するときは、iPhone / Apple Watch の電源が入っている必要がありますが、ネットワークに接続する必要はありません。

2つのチャージ方法

  • Apple Pay に追加した、アプリケーションの中での支払いに使えるクレジットカード。
  • Suica アプリケーションに登録したクレジットカード。

アプリーケーションの中での支払いに使えないクレジットカードも登録できます。ビューカードを登録すると「オートチャージ」も設定可能。

お店でも使える Suica
Apple Pay Suica は、Suica マークが掲示されている店舗で電子マネーとして決済ができます。

Suica をエクスプレスカードに登録済みであれば、iPhone / Apple Watch を非接触型リーダーにかざせばお支払い完了します。この時に機器のスリープやロックを解除したり App を開いたりする必要がないため、シンプル・スムーズにお買い物ができます。

Suica 対応 Apple 製品

Apple Pay に Suica を登録するには対応する iPhone が必要になります。Suica が使える iPhone は、日本国内で発売された iPhone 7 / iPhone 7 Plus(それ以外は iPhone 8 / iPhone 8 Plus)以降。スマートウォッチであれば日本国内で発売された Apple Watch Series 2(それ以外は Apple Watch Series 3)以降が必要になります。

日本国内販売の製品
iPhone 7 / iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2 以降のモデル。
海外販売の製品
iPhone 8 / iPhone 8 Plus、Apple Watch Series 3 以降のモデル。

Suica予備電力機能

Suica予備電力機能[2018 新型 iPhone Xs]
2018年モデル以降の iPhone シリーズには『予備電力機能付きエクスプレスカード』機能を搭載。
この機能は、iPhone 本体のバッテリーが切れた後でも Apple Pay のエクスプレスカードに設定した『Suica』が利用できます。
この新機能によって iOS が動いていなくても、最大5時間ほど改札を通過したり、お店での買い物からコンビニの専用チャージ機からチャージすることが可能です。

対応機種は iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XR の 2018年新発売の3モデル。

なお、予備電力機能はバッテリー消費によって iPhone が起動できない状態で、わずかに残ったバッテリーを予備電源として利用します。そのため、電源をオフにした状態では使用できません。また、予備電源まで消費され機能実行できないばあいは、充電を促すマークが表示されます。

この、予備電力機能が使用できるか確認する方法もあります。
それは、予備電力モードの時に iPhone サイドボタンを押すことで『予備電力機能付きエクスプレスカード』機能するか確認可能。ただし、サイドボタンを押して何度も確認していると予備電力が大幅に減少するので注意が必要です。


戻る



Apple Card

Apple Card[2019 Apple 春スペシャルイベント]
2019年の Apple 春イベントで発表され大きく注目されたのが、Apple が金融企業 Goldman Sachs(ゴールドマン サックス)と提携する、新クレジットカード『Apple Card』です。
Apple Card[2019 Apple 春スペシャルイベント]
このカードも iPhone の Wallet アプリに登録可能で、カード自体を持ち歩きする必要がなくなる便利さ。また、従来のクレジットカードの利用明細に見難さを解消するため、決済履歴には購入店舗の情報(店名・場所・地図情報)が表示され、ひとめで過去の利用状況が分かります。
さらに、支払い金額の分割総額もグラフィカルに表示されるので、今後のカード利用と支払いの計画がたてやすくなります。
新クレジットカード Apple Card[2019 Apple 春イベント]新クレジットカード Apple Card[2019 Apple 春イベント]新クレジットカード Apple Card[2019 Apple 春イベント]新クレジットカード Apple Card[2019 Apple 春イベント]
Apple Card は、今までの Apple Pay の利用方法と変更はなく、Apple Pay に対応した店舗やオンラインショッピングでカード決済ができます。
チタン製カード Apple Card[2019 Apple 春スペシャルイベント]
ただ、Apple Pay は普及途中であるため対応していない店舗もあります。そのときに、チタン製カードの Apple Card が活躍します。使い方はを従来のクレジットカードと同じ方法で支払いができます。このチタン製 Apple Card には、カード番号やCVV番号、有効期限はもとよりユーザーの署名欄すら存在しません。Apple Card 知らない店員さんが見たら、ユーザーが間違ってポイントカードでも出したと勘違いするかもしれません。

業界注目の Apple Card の提供は、アメリカをふくむ一部海外では〈2019年夏ごろ〉から発行開始の予定ですが、日本での提供時期は不明ですが、そんな遠い時期ではないと思っています。


戻る






2019 新型 iPhone 11 Pro

2019 新型 iPhone 11

2020 新型 iPhone SE 2

折りたたみ iPhone

2020 新型 iPhone mini

2020 iPhone 8 改良版

2020 新型 iPhone 12

iPhone モデル一覧

格安 SIM × iPhone