2019 iPhone 機能 – 充電 / バッテリー

充電 / バッテリー[iPhone 機能]

iPhone などのモバイル機器にとって電源となるバッテリー仕様・性能は重要なスペックのひとつ。

2019 新型 iPhone では、従来どおり充電ケーブルの接続を必要としないワイヤレス充電機能をもつ。くわえて新機種では給電機能を追加し、ワイヤレス充電に対応する小型機器への充電に対応するもよう。

充電 バッテリーの仕様



双方向ワイヤレス充電

双方向ワイヤレス充電[2019 新型 iPhone]
2018 iPhone の3機種は、画期的なワイヤレス充電方式に対応していますが、新型 iPhone では AirPods などに給電できる新方式のワイヤレス充電機能の導入計画をすすめています。

TF International Securities に所属し Apple 製品のアナリストとしても信頼できる Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏が、2019年 Apple 新製品情報を投資家向けに発表。

その情報は、次期 iPhone のワイヤレス充電に関する予測。
現行モデル iPhone ハイエンド3機種には、無線充電規格 Qi(チー)に対応するワイヤレス充電機能を備えていますが、クオ氏の情報によると、2019年に発売する全ての新型 iPhone に、双方向ワイヤレス充電機能が搭載され、さらにバッテリー容量の増加を予測しています。

この機能搭載が実現すれば、Qi 規格対応の製品に iPhone から給電を受けることが可能になるため、たとえば先日発売された AirPods 2 のワイヤレス充電ケースに給電ができ、他のワイヤレス充電対応 iPhone を充電することも可能になります。

じつは、双方向ワイヤレス充電機能を搭載したスマートフォンは、Samsung Electronics(サムスン電子)Galaxy S10 が先行して販売しており、この技術の稼働実績はあります。
Apple は、双方向ワイヤレス充電コントローラを供給する STMicro や、バッテリーボードを供給する Compeq などのサプライヤー(部品製造企業)と関係があるため、開発進歩と生産計画が順調であれば、2019年秋の新型 iPhone に搭載される見通し。

先日 Apple は、ワイヤレス充電マット AirPower の開発中止を発表しているため、ワイヤレス給電機能を搭載した新型 iPhone は注目を集めるでしょう。

バッテリー容量

バッテリー容量 増加[2019 新作 iPhone]
近年リリースされる iPhone では新機能・新サービスが次々と採用されることで、一台のスマートフォンの使用頻度がますます増えています。利用する時間が長くなるときになるのがバッテリー残量。モバイルデバイスは充電がなくなると文鎮化して(ただ、最新モデルはSuica予備電力機能あり)しまいます。

2019 新型 iPhone には Qi(チー)規格の双方向ワイヤレス充電機能が搭載される情報があり、バッテリー容量の増加の可能性がささやかれています。

バッテリー増量の必要性

双方向ワイヤレス充電[2019 新型 iPhone]
Apple 製品 のアナリストとして著名な Ming-Chi Kuo(ミンチークオ)氏 は、双方向ワイヤレス充電機能は対象機器に給電をおこなうため、給電元となる iPhone のバッテリー容量が気になります。この点について、同機能を搭載する iPhone バッテリーの容量は増加されるだろうと述べています。

2018 iPhone のバッテリー容量は、iPhone Xs が〈2,658 mAh〉、iPhone Xs Max が〈3,175 mAh〉、iPhone XR が〈2,942 mAh〉です。
これらのバッテリー容量を、全面的に増量させ iPhone Xs 後継機が〈20 ~ 25 %〉、iPhone Xs Max 後継機が〈10 ~ 15 %〉、iPhone XR 後継機が〈0 ~ 5 %〉と予測されています。

給電機能を持つ iPhone のバッテリーが強化されれば、通常使用のユーザーであれば駆動時間の延長になりメリットは大きいでしょう。あとは、筐体の厚みとか重量増がどれくらいになるかです。また、なぜ iPhone XR のバッテリー増量が少ないのか?気になるところです。

バッテリー増量の数値

モバイル機器アクセサリーを取り扱う Etailer MobileFun に、2019 iPhone のバッテリー容量増加の情報が上げられています。
こちらの情報では、新しい充電機能である双方向ワイヤレス充電に触れており、iPhone を裏返して AirPods、Apple Watch、または Qi 規格に互換性のあるモバイル機器に充電について掲載。また、双方向ワイヤレス充電機能を使用でバッテリー消耗がすすむため、バッテリー容量増加の対策が期待されるとしている。

バッテリーセルの容量については、iPhone 11 が〈3189〜3322 mAh〉となり、現行モデル iPhone Xs の〈2658 mAh〉より大幅に増える。また、大型サイズの iPhone 11 Max では〈3491〜3650 mAh〉となり、現行モデル iPhone Xs Max の〈3174 mAh〉とくらべ大幅増量される可能性がある。

2019 新型シリーズのミッドレンジをになう iPhone 11R は,
現行モデル iPhone XR のバッテリー容量〈2942 mAh〉から約5%増となる〈3110mAh〉を搭載すると予測。iPhone XR は低い消費電力ともともとが大容量のバッテリーセルを搭載しているため、バッテリー増加量は少なめ。






2019 新型 iPhone 11 Pro

2019 新型 iPhone 11

2020 新型 iPhone SE 2

折りたたみ iPhone

2020 新型 iPhone mini

2020 iPhone 8 改良版

2020 新型 iPhone 12

iPhone モデル一覧

格安 SIM × iPhone