iPhone カメラ – ポートレート機能

ポートレート機能[iPhone 機能]

画像品質向上のためイメージセンサーが拡大された 2018 iPhone Xs (Max) では、画質だけでなく『ボケ』の量を自在に変化できる新機能『ポートレートモード』を搭載。
ボケた部分を変化させる機能は、すでに他社スマートフォンでも採用していましたが、その機能は撮影前にディスプレイを見ながら変化量を確認して撮影するものです。ところが、新型 iPhone のばあいは、撮影したあとでボケ量を自由にコントロールができるため、シャッターチャンスを逃さず撮影後にボケ量が調整できる優れた機能です。

また、iPhone のポートレートモードの便利なところは、撮影後にボケ具合やライティングの調整ができること。



iPhone カメラ機能

  • ボケ量の調整は撮影後にできるポートレートモード。
  • 色合い調整ができるポートレートライティング
  • いつでも削除・再適用ができる

ポートレートモード

ポートレートモード解説[新型 iPhone カメラ機能]
新しく搭載されたボケを変化させるポートレート機能は『被写界深度コントロール』と呼ばれており、ピントを合わせた被写体以外の被写界深度(ピントが合う領域)を数値(絞り量 = f値)で表示。ディスプレイ上で『f値』を変えながら前後のボケ量を自在に変更させることができます。

ポートレートモード[新型 iPhone カメラ機能]ポートレートモード[新型 iPhone カメラ機能]

実際にポートレートモードで撮影してみると、撮影後のプレビュー画像の下『 f値」とスライダーが表示されます。f値の初期設定は〈f 4.5〉で、ポートレートモードに使用するレンズは、デュアルカメラの望遠レンズで焦点距離〈6.6 mm(35 mm 判換算:57 mm 相当)〉と、イメージセンサーの小ささから考えても人物全体がピント領域に収まる数値です。
ポートレートモード解説[新型 iPhone カメラ機能]
この f 値は〈f1.4〉から〈f16〉までの範囲で変更が可能で、〈f1.4〉では大型イメージセンサー搭載のプロ仕様カメラで撮影したように背景が大きくボケて被写体が浮かび上がります。また〈f16〉では被写体から背景までピントが合焦した記念撮影むけに仕上がります。これらの変更が撮影後におこなえるところがポートレート機能の凄いところです。

料理・物撮りもできる

ポートレート 料理・物撮り[新型 iPhone カメラ機能]
iPhone カメラのポートレード機能は、人物撮影に最大限の能力を発揮する仕様になっていますが、人以外の物をメインとして撮影して背景をボカすことができるため、アクセサリー・小物などの物撮りから、美味しそうなランチ・スイーツを綺麗な写真として SNS やブログへアップロードして楽しむことができます。
ポートレート 料理・物撮り[新型 iPhone カメラ機能]ポートレート 料理・物撮り[新型 iPhone カメラ機能]



ポートレートライティング

ポートレートライティングは、ポートレートモードに搭載されたライティングエフェクト(照明効果)で、顔および被写体への『光の当たり方』や『光の強弱』をエフェクトで調整して仕上げる機能。えらべるライティング機能、自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)は5種類。

ポートレートライティング[新型 iPhone カメラ機能]

自然光

ポートレートライティング[新型 iPhone カメラ機能]
自然光は、周辺の照明度が低い状態でも、顔が自然と見やすくなるように適切な明度に調整し、エフェクトによる加工を感じさせない。


戻る

スタジオ照明

ポートレートライティング[新型 iPhone カメラ機能]
スタジオ照明は、被写体にフラッシュや人工的な光源があてられている状態をイメージ。顔全体がまんべんなく光に照らされ、顔だちがハッキリとします。メイクを目立たせたい時などにも有効でしょう。


戻る

輪郭強調照明

ポートレートライティング[新型 iPhone カメラ機能]
輪郭強調照明は、顔の輪郭やくぼみの色合いを強めに調整して、よりメリハリのきいた顔立ちを表現します。ただ、美白を追求したいユーザーだと使いどころに注意が必要。


戻る

ステージ照明

ポートレートライティング[新型 iPhone カメラ機能]
ステージ照明は、被写体のライティング『輪郭強調照明』をベースにしながらも、人物以外の背景をブラックに変換。舞台でスポットライトを浴びているイメージに仕上げています。


戻る

ステージ照明(モノ)

ポートレートライティング[新型 iPhone カメラ機能]
ステージ照明(モノ)は『ステージ照明』のライティング効果の条件はそのままに、色合いだけを白黒(モノクローム)に仕上げクラシック感を強調。


戻る



ポートレート機能の注意点

ポートレートモードは、撮影後にもボケ具合の調整ができるため、撮影画像の表眼を自在にコントロールできるのですが、被写体の条件によってはボケ具合がうまく機能しないことがあります。その条件を大きく分けると4つ。

ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]

暗い室内・夜間

iPhone のポートレートモードは、撮影される人物の顔情報をもとに被写体と背景を識別して、背景のボケ量や照明エフェクトをコントロールできるようにしています。

そのため、光の入りにくい部屋や夜間といった光量不足の状況では、顔情報や輪郭といった被写体情報が得られず、背景との識別ができなくなるためポートレートモードは機能しません。

光量不足でポートレートモードが機能しない場合は、ディスプレイに「もう少し明るさが必要です」という表示がされます。


戻る

光を反射・透過するもの

ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]
製品やグッズを撮影する『物撮り』では、必要ない背景を大きくボカして撮るセオリーがあります。

iPhone のポートレートモードも背景を大きくボカせるため便利な機能ですが、撮影する対象物が光を反射したり透過する物のばあい、ポートレート機能が正しく作動しないこともあります。機能がうまく作動していないとき多くの現象としては、対象物と背景の境界線なくなって変なボケかたをします。

これらの被写体へ対する有効な解決策がなく、うまく機能が働かないときは通常撮影しかありません。
ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]


戻る

輪郭が複雑・細いもの

ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]
これは人物撮影・物撮りの両方に当てはまるのですが、iPhone のポートレートモードは輪郭が複雑だったり細い被写体では機能が正しく作動しないことがあります。

たとえば、人物撮影であるのが髪の毛の部分。ヘアスタイル的に細い隙間があったり髪が複雑な輪郭になるときに、髪と背景の識別がうまくいかずボケが増減したり境目が不自然になります。
物撮りのばあいは、複雑な葉枝・形状をした観葉植物や、針金のような細い物を採用した製品などの撮影で、適切な箇所にボケが入らなかったり輪郭が消えることがあります。とくに自転車のホイールなどではスポーク部分でかなり誤認識されてボケ量がおかしくなります。

これらの被写体は、光量を増やしたり撮る角度を何度も変えるなどチャレンジすれば、完全じゃなくても、ある程度納得できる写真が撮れる可能性があります。
ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]


戻る

遠い人物・風景のみの写真

ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]
iPhone のポートレートモードは、被写体が近くにいないと機能しません。

ポートレート機能を正しく作動させるには、被写体が iPhone から約2.5メートル以内に入っていないといけません。そのため、遠くに被写体がいるばあい、その人物にボケ量コントロールの適用はできません。
たとえば、ポートレートモード作動中の iPhone 付近に被写体がいないばあいは、ディスプレイに「被写体を2.5メートル以内に配置してください」のエラー表示がされます。

ポートレードモードは、付近に被写体がいる前提で作動するため、素早く背景撮影がしたが時はポートレートモードはオフにして通常モードで撮影しましょう。
ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]ポートレート失敗と注意点[新型 iPhone カメラ機能]


戻る






新型 iPhone 情報 1

2019 次期 iPhone XR

2019 新型 iPhone SE 2

折りたたみ iPhone

2020 新型 iPhone mini

2020 iPhone 8 改良版

2020 新型 iPhone 12

iPhone モデル一覧

格安 SIM × iPhone