【リーク】2019 新型 iPhone 11 ケース3種

専用ケース リーク画像[2019 新型 iPhone]

2019年9月に発表が濃厚な、新型 iPhone 3機種の専用ケース画像がリークしました。

このリーク画像をアップロードしたのは、Apple 関連のリーク情報を発信している Ben Geskin(ベンジャミン・ジェスキン)氏が、Twitter にアップロードしました。

リーク画像の専用ケースは、2019年モデルの iPhone 11、iPhone 11 Max、iPhone 11R の3モデル。

専用ケース リーク画像[2019 新型 iPhone]

左右のケースは、新型 iPhone 11、iPhone 11 Max のケースで、新採用となるトリプルレンズカメラ用の円形ホールが開けられています。また、LED フラッシュとマイク用の穴も設けられています。

中央のケースは、新型 iPhone 11R(XR 後継機)のもので、こちらも新採用のデュアルレンズカメラ用の円形ホールが、縦並びに2個開いています。さらに、他2モデル同様に LED フラッユとマイク用の穴が設けられています。

2019年モデルの iPhone は筐体の基本設計を大きく変更しないマイナーチェンジモデルですが、カメラ仕様はオールチェンジされるため、カメラモジュールを収めるカメラハウジングも新設計でスクエアな形状をしています。
気になるのがカメラレンズ用に開けられた穴が大きいこと。次期 iPhone ではレンズ口径の大型化や、イメージセンサーの拡大も予測されており、撮影画像の高画質化が期待されます。

この専用ケースの入手先は当然不明ながらも、仕上げが美しいところから、おそらく主要サプライヤー関係から入手したものと予想します。

四角い形状のカメラハウジング設計をした専用ケースのリーク画像は、他からも似た形状であるため、2019 新型 iPhone では同様の外観で発売される可能性は高い。

ちなみに Twitter にリーク画像をアップした Ben Geskin 氏は、この専用ケースに「正確な 2019 iPhone のケース」と記述しており信頼性はあるようです。

リーク情報のポイント

  • 最近のリーク情報に上がるスクエア形状のカメラハウジング
  • 予測に頻繁に上がるトリプルレンズとデュアルレンズのカメラ仕様
  • リーク情報の多いレンズカメラモジュールの配置
  • 仕上げが美しく、設計に忠実そうな精度の高さ

すでに、2019 新型 iPhone のリリースまで約3ヶ月。そろそろ具体的な情報が見えてくるころです。今後のリーク情報に期待しましょう。