新型 iPad Pro – 発売前の最新レンダリング画像

発売日 予想 スペック[2018 新作 iPad Pro]

迫る10月30日に開催される Apple スペシャルイベントで発表が濃厚な、フルモデルチェンジ 2018 iPad Pro。すでに量産体制に入っているためか、かなり完成度の高いレンダリング画像が公表されました。

筐体・ディスプレイサイズ

2018 iPad Pro[Apple 新型モデル発表]
公表された画像は、従来のうわさ通り iPhone X 系のデザインを継承しており、Face ID 採用により省かれたホームボタン、大幅に削減されたスリムベゼル、セルラーモデルで特徴的なアンテナラインといった新設計の筐体細部まで表現されています。また、レンダリング画像のボディカラーは、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドの3色が選ばれています。
新型モデルでは、ベゼルのホワイト部分がなくなるうえに、iPad のプロ仕様であるためシルバーカラーが除外されても良いかもしれません。

この予想画像では、小さい iPad Pro のディスプレイサイズは11インチを採用していますが、筐体サイズをほとんど変更せずにディスプレイ領域を増やすのと、より小型化される10.5インチのどちらが良いかは一長一短かもしれません。ただ、iPad Pro は写真・映像編集から、イラストレーターや絵画などの創作活動に用いるクリエイティブユーザーも多いため、ディスプレイの拡大は歓迎されそうです。

バックカメラ

背面メインカメラ[新型 iPad Pro リーク]
小さいほうの iPad Pro は、極限までスリムな筐体設計ですが、背面上部に配置されるカメラレンズ部分は大きく張り出すことになります。そのため、平らな場所に置いたときにグラグラと安定しないので、デメリットのような扱いを受けますが、そのかわりレンズユニットの設計にこだわっているため、従来モデルと比べても優れた画質をユーザーへ提供できるでしょう。さらに新機能『ポートレートモード』の搭載が期待されます。
2018年モデルでは、デュアルレンズカメラ搭載が期待されていましたが、シングルレンズカメラ仕様が続行されるようです。

USB-C コネクター

USB-C コネクター[新型 iPad Pro 予想]
レンダリング画像では、筐体下部の中央部分に新形状ソケットが用意されています。Apple 製品で長年装備されていた Lightning(ライトニング)コネクターは、新世代 USB 規格『USB-C』に置き換えられ情報通信や充電に使われることになっています。USB-C 端子の厚さはかなり薄いのですが、新型 iPad Pro の筐体は約6ミリほどしか厚みがないため、筐体側面とコネクターにはわずかな余裕しかありません。

スペースグレイ[新型 iPad Pro 色]スペースグレイ[新型 iPad Pro 色]スペースグレイ[新型 iPad Pro 色]


2018 iPad Pro 発表と同時に、新型スタイラスペン『Apple Pencil 2』も登場します。おそらく近いうちに新しい Apple Pencil 2 の画像も確認できるでしょう。