新型 iPad Pro – 新サイズに有機ELパネル

発売日 予想 スペック[2018 新作 iPad Pro]

2018年秋発表が濃厚になってきた新しい iPad Pro のラインナップ変更か追加の可能性が上がっています。それは、ディスプレイサイズが増えることと、新開発の高画質ディスプレイパネル採用の情報です。

3種類のディスプレイサイズ

有機ELパネル[新型 2018 iPad Pro]
新しい iPad Pro に関するディスプレイサイズ情報は、おおくの予測では3種類でており、そのパネルサイズは〈10.5、11、12.9 インチ〉から裁定されるだろうと言われています。

最近の噂では、日本のサプライヤーから流れたとする情報によると、11インチ Super Retina HD ディスプレイを採用する iPad Pro が登場する可能性が出ているようです。この11インチディスプレイ採用の情報は、かなり前の情報に上がっており、おそらく10.5 インチ iPad Pro の後継機ではないかと言われていました。
新型 iPad Pro では、ディスプレイ枠のないベゼルレスを採用するため、現行モデルのベゼル領域部分をオールディスプレイ化すれば、11インチサイズディスプレイの搭載が可能になるわけです。

さらに、新サイズ〈11インチ〉のディスプレイが存在する理由に、現在の iPad Pro 用液晶ディスプレイの増産計画が、日本サプライヤーに来てないことから「別素材によるディスプレイ製造計画があるのではないか?」と噂が広まっているとのこと。

あと一つ気になるのが、以前〈11.9インチ〉ディスプレイ採用の情報が上がっていたことです。序章に述べた、新開発の高画質ディスプレイとの関係があるかもしれません。

有機 EL ディスプレイ採用

新型 iPad Pro に搭載される可能性がある高性能なディスプレイとは、おそらく OLED(有機 EL)パネルディスプレイのことを指しているようです。

その OLED ディスプレイは、先日発売された iPhone Xs (Max) にも搭載されいる高画質なディスプレイパネルで、Apple では[Super Retina HDディスプレイ]と呼んでいます。
Apple が採用する OLED(有機 EL)パネルは、忠実な発色と、きめ細かくも美しい表示が可能で、明暗差の大きいシーンの映像でも高い再現性を発揮。また Apple 独自の画像処理エンジンとの組み合わせにより、表示する情報を印刷物のような質感を提供してくれます。

すでに現行モデルの iPad Pro でも、印刷・映像業界では即戦力なデバイスとして認められており、さらに Apple Pencil とドローイングアプリケーション(イラストアプリなど)との連携によって、商業誌やデジタルメディアなどにも納品されるクオリティを持っています。

これだけプロユースに対応できる iPad Pro に、さらに優れた色再現と質感を表示できる OLED(有機 EL)パネル が搭載されれば、創作活動をさらなる高みに押し上げてくれるでしょう。ただし、大型 OLED ディスプレイの製造には高い技術とコストがかかるため、近年に製造技術が向上したとしても部品単価が高価になるのは間違いありませんし、おそらく生産量も限られてくるでしょう。このあたりが量産化のネックです。


次期 iPad Pro には、とりあえず3つのディスプレイサイズの噂が立っています。それに有機 EL パネルを採用する条件で、個人的に予想してみました。

  • 次期 iPad Pro には新旧2種類の筐体が用意される。
  • 新型筐体 iPad Pro の一方は有機 EL パネル採用。
  • 有機 EL パネル採用は 11インチモデル。

新旧2種類の筐体
『旧』では、従来筐体にアップデートほどこしたマイナーチェンジ版で、ディスプレイサイズは〈10.5 インチ〉。『新』は、すべて新設計のフルモデルチェンジ版で、ベゼルレスオールスクリーンの〈11インチ〉と〈12.9インチ〉。

新型筐体
新型筐体はベゼルレスのオールスクリーンモデル。〈11インチ〉のディスプレイには Super Retina 有機 EL パネル。〈12.9インチ〉には Liquid Retina 液晶パネルを採用。ともに新プロセッサを採用して高画質・高速処理を実現。


この予想では〈11インチ〉モデルのみ有機 EL パネルを採用して、生産コストと製造不良のバランスをとっていますが、販売価格は〈12.9インチ〉モデルより安くできない気がします。

新型 iPad Pro 12.9 に、Retina 液晶パネルを採用しても、ベゼルレス設計の新型筐体に、セキュア顔認証 Face ID などの新開発パーツを載せていくと、どうしても販売価格は高額になるでしょう。これに高価な大型 OLED(有機 EL)パネルを搭載したら販売価格がどうなるのか興味津々。発売されたら、名称は iPad Max になったりして。