新型 iPad Pro – 薄さ約6ミリでヘッドホンジャック非搭載

発売日 予想 スペック[2018 新作 iPad Pro]

2018年末には発売が間に合いそうな 新型 iPad Pro。しかし、採用されるディスプレイパネルのサイズ情報が、あちこちで二転三転と変わっています。このページでは次期モデルのサイズ情報をまとめて予想しています。

iPad Pro 大きさ

11 / 12.9インチディスプレイ[新型 iPad Pro スペック]
2018年秋に発売される新型 iPad Pro のディスプレイサイズが少し大きくなると言われていましたが、サプライヤーからの新たな情報によると、ディスプレイサイズは拡大せずに、そのかわり筐体サイズは小さくなることが判明。

以下は、従来モデルと次期モデルのサイズ比較です。

iPad Pro サイズ 10.5 インチ 12.9 インチ
2016年モデル 250.6 × 174.1 × 6.1 (mm) 305.7 × 220.6 × 6.9 (mm)
2018年モデル 247.5 × 178.7 × 6 (mm) 280 × 215 × 6.4 (mm)

このサイズ情報からいくと、2018年に発売される新作モデルは、物理的なホームボタンを省くことでベゼル領域を縮小(薄く)しますが、液晶ディスプレイは拡大せず、かわりに筐体サイズを小さく薄くするという事になります。
情報が正しければ、いぜん予測情報に上がった〔〈11.9インチ〉ディスプレイの搭載〕は難しくなりそうです。おそらく2018新型モデルでは〈11インチ〉か〈10.5インチ〉のどちらかが採用されるはずです。

新しい iPad Pro では搭載部品の小型軽量化が一層進んでいるようなので、とくに大きい〈iPad Pro 12.9インチ〉にとっては有用性が高く期待したいところ。また、両モデルとも重量が軽くなる可能性は大いにあります。

サイズ情報のまとめ

すでに最終仕様が決定して製造が開始されているからなのか、新作モデルの詳細なサイズデータが上がってきています。こちらの情報では、小さい iPad Pro のディスプレイサイズは〈11インチ〉モデルで扱っています。
筐体サイズ数値[新型 iPad Pro 噂]
さらなるサイズ情報では2種類の iPad Pro が確認されており、おそらくディスプレイサイズ〈12.9インチ〉と〈11インチ〉のデータと推測されます。

リーク情報サイト『Slashleaks』によると、iPad Pro の大きい筐体サイズは〈幅:215ミリ × 高さ:280.66ミリ〉、小さい筐体のサイズが〈幅:178.52ミリ × 高さ:247.64ミリ〉と記載しています。これらの数値を現行モデルの 2017年型(第2世代)と比べると、12.9インチは〈高さ:約25ミリ〉〈幅:約5ミリ〉の小型化が実現しています。対する10.5インチでは、縦横とも〈5ミリ以内〉と小さくなっているくらいです。
この数値だけ見ると、小さい iPad Pro のベゼル領域がスリム化がされていないため、液晶サイズに〈11インチ〉が採用される可能性は十分あるでしょう。

フルチェンジの新しい iPad Pro には、iPhone X 系と同様にベゼル(枠)が薄くなるスリムベゼル・オールディスプレイ仕様となります。ベゼルにあたる黒枠の幅は〈6ミリ〉で、ボリューム操作ができる側面ボタンをふくめると〈7.22ミリ〉になると記載されています。

薄すぎてヘッドホンジャック非搭載

薄さ約6ミリの筐体[新型 iPad Pro リーク]
2018年秋の新作スマートフォン iPhone Xs, XR が発表される前に、正確な情報を提供していた CoinCoin 氏によると「2018 iPad Pro 筐体の厚さが〈5.9 mm〉となるためヘッドフォンジャックは無くなるだろう」と Twitter で発信しています。
この情報は、リーク情報サイト『Slashleaks』が最近アナウンスした数値と一致しており、Ben Geskin 氏がリークした2018年モデルと思われる〔厚み〈5.86 mm〉を示した iPad Pro 画像〕の数値とほぼ同じです。


筐体容量が大きい iPad Pro であればヘッドホンジャック部品の装備に困ることは無いだろうと思っていましたが、まさか極限までスリムにしてくるとは予想外です。ただし、搭載バッテリーのスペースが限られるため、容量・稼働時間の課題はどうなっているのでしょう。