新型 iPad Pro – 次期 iPad アイコン見つかる

発売日 予想 スペック[2018 新作 iPad Pro]

2018年秋の発表が濃厚な新型 iPad Pro の予想される情報3点を紹介。
新しいモデルでは、ディスプレイや筐体が新設計となるフルモデルチェンジとなります。

以前からの噂ではディスプレイのベゼル(枠)が薄くなるスリムベゼル化が予測されていますが、そのウワサを裏付ける情報が上がってきました。その他にも、顔認識セキュア Face ID に関する続報や、新開発のスリム筐体のレンダリング画像もリークしています。

スリムベゼル iPad アイコン発見

スリムベゼル仕様アイコン[新型 2018 iPad Pro]
開発者向けに公開されている〈iOS 12 ベータ5〉のデータから、薄型ベゼルを採用した iPad のアイコン画像が発見されました。このアイコンは、バッテリー仕様状況のユーザーインターフェース部分に、現行 iPad と並んで見つかりました。
見つかったアイコンは、液晶ディスプレイを囲むベゼルが薄く描かれており、いままで噂情報に上がっていた新型 iPad Pro の予想仕様が正しかったことを証明しています。

このアイコン画像には、現行 iPad に採用されている物理的なホームボタンが描かれておらず、おぞらくスマートフォン iPhone X シリーズと同様に Face ID 機能を搭載している設計でしょう。また、最近の情報どおりベゼル上部には ノッチは存在しておらず、薄型ベゼル領域に TrueDepth カメラなどの Face ID 関連ユニットを組み込んでいるようです。

Face ID 搭載について

顔認識セキュア Face ID[新型 2018 iPad Pro]
じつは、新しい iPad Pro には Face ID が搭載される情報は確認されています。それは同じ iOS 12 ベータ版プログラムの他コード内に記してあるのが発見されています。
Face ID 情報コード[新型 2018 iPad Pro]
この情報によって新型 iPad Pro には TrueDepth カメラが搭載され Face ID テクノロジ機能が利用できるのは間違いないでしょう。

リークCAD画像とアンテナライン

セルラーモデル アンテナ[新型 2018 iPad Pro]
2018 iPad Pro の新機能に興味がそそがれがちですが、フルモデルチェンジするスマートな外観のレンダリング画像が、CADイメージによって公開されました。

新設計の iPad Pro の筐体は〈11インチ〉と〈12.9インチ〉の2機種をラインナップすると予想されています。
レンダリング画像では、最近のリーク情報をもとに iPhone X デザインをモチーフにしています。また、モックアップデータから再現された新しい iPad Pro は、丸みの入ったシャーシデザインではなく、iPhone 4 のように面取りされておりエッジ部分もシャープな仕上がり。

このレンダリング画像の iPad Pro〈12.9インチ〉は、モバイルデータ通信が可能なセルラーモデルで製作されており、搭載されるアンテナ部分も表現されています。アンテナラインは iPhone 7 / 7 Plus のようにシャーシの上端と下端に別々のアンテナストリップが付いています。 また、iPad ディスプレイの上部付近には、ベゼル部分に埋め込まれた TrueDepth カメラの上に2つのマイクロホンホールがあることが確認できます。

筐体下部には、充電や情報通信に利用される Lightning(ライトニング)コネクタを底面中央に配置。その両側には、スピーカーユニットの開口部分があります。そのほか注目する部分は、スマートコネクタが現行モデルの横側配置ではなく、Lightning ポートの真上となるデバイス背面に設置されていることです。スマートコネクタ同様に気になるのが Face ID の縦横両方向の顔認識ですが、この機能の作動状態ついては有力な確認情報がありません。
レンダリング画像リーク[新型 2018 iPad Pro]レンダリング画像リーク[新型 2018 iPad Pro]