新型 iPad Pro – Face ID 登録方法の手順記述

発売日 予想 スペック[2018 新作 iPad Pro]

iPad を運用を改善・最適化するための開発者向け〈iOS 12.1ベータ5〉のプログラムコードに、顔認証セキュア Face ID の認証方法を説明するストリングが見つかりました。

Face ID 横向き対応の新情報

『iOS』は iPad や iPhone の操作・制御している OS(オペレーティング・システム)。このプログラムは、機能改善とセキュリティ対策のため常に改良がおこなわれています。

現在の iPad では〈iOS 12〉が運用されていますが、次期改善プログラム開発用データとして〈iOS 12.1〉が開発者向けに提供されています。このプログラムの最新版になる〈ベータ5〉で、次期 iPad Pro に搭載される顔認証セキュア『Face ID』に関する情報が見つかりました。この情報には、Face ID を正常に運用させるための認証方法が記されています。

以下の情報を見ていくと、新型 iPad Pro に『Face ID』が搭載されるのは間違いないようです。

情報元:Guilherme Rambo 氏
2018 iPad Pro 向けの顔認識セキュア Face ID に関するストリング情報は、アメリカの情報メディア『9to5Mac』の記者でありソフトウェアの開発者でもある Guilherme Rambo(ギルヘルム・ランボー)氏がツイートしています。

この発見された Face ID に関するストリングには、最初 iPad Pro を縦位置にした状態で顔認証登録を済ませておけば、ポートレート(縦向き)だけでなく、ランドスケープ(横向き)でも認証可能だと記述されています。

ランドスケープ対応の Face ID 情報は、ソフトウェア開発者の Steve Troughton-Smith 氏によって、すでに〈iOS 12.1ベータ1〉で見つかっていましたが、まだ iPad とつながる記述が認められなかったため、どの Apple 新製品に搭載される機能なのか確定はできていませんでした。

情報元:Steve Troughton-Smith 氏

Face ID 横向き対応の記述

Guilherme Rambo 氏が発見した〈iOS 12.1 β5〉の顔認証セキュア Face ID の登録と運用を記述したストリングには以下のような説明が確認できています。
Face ID 横向き対応ストリングコード[2018 新型 iPad Pro]

  1. iPadを持ち上げる。
  2. iPadを持ち上げて回転。
  3. ポートレート(縦位置)にします。
  4. Face ID があなたを認識する方法を学習するには、ポートレートにする必要があります。Face ID の設定が完了すれば縦向きでも横向きでも動作します。
  5. セットアップあとで設定。

このように、プログラムコード内に文字列が記述されています。

新しい iPad Pro の Face ID は、縦向きと横向きの両方で動作することが確認されましたが、逆さまでは機能しません。

iPhone の横向き Face ID 対応

2018年秋に発売された iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR にも同じ画像信号プロセッサを搭載した Face ID が含まれます。ただし、ファームウェアのアップデートでランドスケープ(横向き)のの顔認証セキュアに対応できるのか、ハードウェアが同機能に対応できるデバイスなのか判明していません。